[0026]測定結果

    数字データ 応力値[MPa] 標準偏差[± MPa] 半価幅[度] 等

    表に-400MPa,-800MPa,-1600MPaの標準サンプルを測定した結果を示します。図表はクリックすると大きくなります。

    ①X線を傾けた方向の計算応力値
    ②標準偏差:計算応力値±標準偏差の間に真値がある確率が約67%との意味です。この数字が、応力値に対して大きくなるとあまり信頼できない測定と言えます。
    ③半価幅:転移密度と結晶粒径の関数で、材料自体が硬く、塑性変形が進むと大きくなります。
    ⑤せん断応力:この値が小さいと主応力方向に近いと推定されます。

      画像データ デバイ・シラー環 形状 cosα線図 

      2次元センサー状のX線強度分布 回折環(デバイ‐シェラー環)からも様々な情報が得られます。その情報をお客様にお伝えして、問題解決のヒントとしていただいています。参考  応力だけでないX線回折環(デバイ‐シェラー環)の情報




      報告書 応力分布の見方、解釈および不具合原因の考察、原因仮説の提示、アドバイス等を記載します。

      • 例 X方向の応力の測定結果が大きく非対称になってないのは、溶接応力の影響が少ないためと推定されます。
      • バーリング加工では、裏面の曲面はすでにひずみが入っており、他の場所と比較して破壊しやすい状態になっているためと推定されます
      • 普通鋼では、100度で約25%の残留応力が緩和されることから、この試験片でも同様に現象が起きたと推定されます。
      • 破壊された試験片の半価幅が約4.0度でしたが、対象の試験片は、3.8度であったためいつ壊れてもおかしくない状態であったと推定されます。
      • 疲労破壊は、材料の残留応力と外部からの応力の重畳によっておきます。疲労破壊対策では、外部からの応力を考慮しつつ最大の引張応力箇所をできるだけ圧縮側変化させます。測定では、外周の肉盛部分の山の部分が最大の引張り応力ですので、この部分をピーニング等で圧縮にするのが疲労破壊対策として有効と推定されます。