[0059]業務と会社の概要

応力関係の問題のかかりつけ医を目指します。

医療の分野では、かかりつけ医と専門医がわかれて分担をしています。当社は応力測定分野のかかりつけ医を目指します。
  • かかりつけ医 一般的な方法で解決できるものを扱う。手に負えない場合は、専門医を紹介する。敷居が低い。レスポンスが早い。
  • 専門医 一般的な方法で解決できないものを扱う。

創業の目的

技術者の方に予算の制約なく応力測定をしてもらう


㈱X線残留応力測定センター(X-ray residual stress measurement center)

三島由久

mishima@x-rsmc.com


 電話 045-883-3460

機材 パルステック工業製 μ-x360n コリメーター 1mm




測定例









鋼管の例
内径が300mm以上あれば、径方向と長手方向の両方測定できます。それ以下だと精度が低下します。






この治具は、マグネットとスライドテーブルで構成されています。フライス盤用のスライドテーブルですので、溝と治具を使って被測定物を固定することができます。

大型の構造物の底面や垂直面が測定できます。
Comments