[0035 基本のキ]応力分布とバランス

X線残留応力測定センター info@x-rsmc.com は、鋼とアルミを対象に安価かつ短納期の応力測定サービスをご提供しています。

応力に関する問題解決には、高度な技術がぴったり合うことはほとんどなく。基礎的な内容こそが問題解決のヒントになります。
溶接、ピーニング 、曲げ加工、熱処理、異金属接触面での応力、応力バランスについて簡単に解説します。

YouTube 動画






応力の発生とバランス

なぜ応力の発生バランスが重要か

応力の問題を解決するには、応力の分布を知ることが重要

でも、応力は目に見えない。応力は点でしか測れない。

応力の分布を予測して重要な部分を測定で確かめる。

予測には、基本的な分布を知る必要がある。

例 焼き入れた部品が疲労破壊した。

正常であれば、表面は圧縮になっているはず。

測定で確かめると表面は引張

これは、熱処理時の温度管理の失敗の可能性あり。

なぜ応力が発生するのか
溶接 ピーニング 

引張  から引張

応力0なら小さくなる。

 溶接 原因 温度差

鋼 熱膨張係数 10-5/

1000度で1

圧縮 外から圧縮

応力0なら大きくなる。

例 ピーニング 原因 加工

溶接による残留応力 
応用編 H形鋼

H形鋼の残留応力

ウエブが真ん中が圧縮。端が引張

塑性変形による残留応力
スプリングバック

熱処理

応力の裏表

引張の裏に圧縮あり。圧縮裏に引張あり

H形鋼の例

ピーニングの例

低温変態溶接材料

熱膨張係数の違う材料の接触面 メッキ等

応力の裏表 バランス

応力バランス

応力バランス

なぜ バランスが取れるか? バランスを取るまで変形する。

残留応力と外部応力の危険な組合せ




Comments