[0051 測定例] 応力マッピング residual stress mapping

X線残留応力測定センター info@x-rsmc.com は、鋼とアルミを対象に安価かつ短納期の応力測定サービスをご提供しています。

応力のマッピング結果をご紹介します。

サンプルは、SUS304の重合わせ溶接継手です。溶接部に対して左側はピンによるピーニング を施しています。右側溶接ママです。

写真1 SUS304の重合わせ溶接継手
写真2 SUS304の重合わせ溶接継手 左側 ピーニング  右側 溶接ママ



左側のグラフは、折れ線グラフです。右側は3Dグラフ。 試験体にはすでにショットが打ってあり表面が圧縮になっています。
ピーニング 後は、溶接ママよりさらに圧縮応力になっています。


図1 溶接部近傍応力分布 左側 折れ線グラフ 右側 3Dグラフ 


FSWの自動測定 大阪大学殿



Comments