測定の内容とポイント

お困りの方はご相談ください。論文等に書いてない当社のノウハウはここでは書けません。

  1. 溶接残留応力のポイント
    • 試験体形状、溶接時測定時の拘束条件
    • 止端位置ずれの考慮
    • 粗大結晶影響の低減
    • 表面加工層の処理
  2. ピーニング前後の残留応力のポイント
    • 止端近傍の測定
    • 測定位置の統一性の確保
    • 深さ方向の分布
  3. 変形原因調査のポイント
    • 測定精度と曲がり量の関係
    • 3次元に分布する応力
  4. 破壊原因調査のポイント
    • 破壊箇所と未破壊箇所の比較
    • 応力の解放
  5. 加工後の残留応力測定のポイント
    • 半価幅とX線入射角度
  6. 構造物の安全性評価のポイント
    • 応力範囲
    • 局所と対局
    • 変形量と残留効力の相関
    • 半価幅
  7. 熱処理後の残留応力のポイント
Comments