[0079]応力改善に関する参考文献

総論
微粒子ピーニング (深さ40μm)
  • 微粒子ピーニングを利用した複合表面改質に よる鋼の疲労特性改善とそのメカニズム  慶應義塾大学大学院理工学研究科 菊 池 将 一   [0021]
    • 最近は、微粒子ピーニング後の応力測定をされるお客様が多くなっています。ショット径200μm以下を微粒子ピーニング問いそうです。疲労特性改善効果が高く表面が凸凹にならないのが良いと考えます。
ピーニング (深さ40μm〜)
  • 金属疲労とショットピーニング  ショットピーニング 技術協会  [0022]
    • ショットピーニング の教科書的存在。装置メーカー 理学の方が共著でX線応力測定に関しても良書
  • ショットピーニング方法の違いによる材料硬さと残留応力分布と降伏応力の関係 [0023]
  • ショットピーニング処理表面の微視的応力分布に関する研究  東京都市大学, 博士学位論文 著者 安川 昇一  [0024]
    • 超高輝度の線源を使った微細領域測定装置での研究、今後の疲労破壊メカニズム解明の期待がかかります。
  • 高降伏点鋼材を用いた鋼桁の面外ガセット溶接 継手部の疲労強度改善に関する研究 [0025]
UIT(超音波ピーニング )(1mm~)

VSR(振動による溶接応力緩和と変形防止)
研磨(10μm以下)
Comments