[0159]残留応力の勘所

鋼応力の発生原因
  • 温度差
  • 熱膨張率の差
  • 変態や組成の変化
  • 塑性加工
溶接部 溶接部は高い温度になります。溶接後溶接部分は、冷えて収縮しようとしますが、両端を拘束されているために収縮できずに引張応力になります。

H形鋼
ピーニング

残留応力の功罪と裏表
    外部応力との組合せ
  •     残留応力が引張で外部応力も引張は、キレツ破壊のおそれあり。
    • 溶接部に外部引張応力 止端線からキレツ
    • ピーニング等で引張応力を緩和すると壊れなくなる。 
  • 残留応力が圧縮で外部応力も圧縮は、座屈破壊のおそれあり。
    • H形鋼に外部圧縮応力 ウエブの座屈
    • 熱処理や加工で圧縮応力を緩和すると壊れなくなる。 


残留応力の測定方法
  • ひずみゲージ
  • X線回折

応力改善策
  • 熱処理
  • 加工変形
  • ピーニング

Comments