[0085]News 追加と修正履歴


130 件表示中
更新ページ日付
並べ替え 
 
並べ替え 
 
更新ページ日付
コロナウィルス感染拡大期にやるべきことを作成しました。 2020年3月19日 
標準化にユーザーは何を期待しているのかを追加しました。 2019年10月7日 
応力改善に関する参考文献を追加しました。 2019年10月1日 
X線応力測定による問題解決[0047]加筆修正 2019年10月1日 
残留応力と疲労寿命の関係[0032]加筆修正 2019年9月14日 
ショットピーニング  深さ方向の応力分布測定[0029] 加筆修正 2019年9月9日 
応力マッピングを追加しました。 2019年9月4日 
なぜ低価格にしたのか[0021]を改訂しました。 2019年9月2日 
X線応力測定の測定精度[0020]を改訂しました。 2019年9月2日 
お試しキャンペーン 現在開催中 2019年8月28日 
なぜ十分な数のデータが必要なのか。少ないデータでは、誤った結論が出る。を編集しました。 2019年7月22日 
ウェブサイト改編しました。右上の検索機能をお使いください。 2019年7月10日 
測定結果を追加しました。 2019年6月28日 
[基本のキ]溶接により発生する応力を追加しました。 2019年6月26日 
質問と回答に追加しました。 2019年6月25日 
電解研磨装置 にパイプ用装置を追加しました。 2019年6月22日 
電解研磨装置に研磨プロファイル例を追加しました。 2019年6月17日 
応力だけでないX線回折環の情報を追加しました。 2019年4月18日 
X線応力測定の原理加筆修正しました。 2019年4月17日 
問題解決のための機関選びを更新しました。 2019年4月9日 
現場測定 お客様指定の場所に出張して測定します。 2019年4月9日 
質問と回答に加筆しました。 2019年4月5日 
電解研磨装置の構成を追加しました。 2019年3月26日 
X線応力測定による問題解決に加筆しました。 2019年3月13日 
X線応力測定の原理修正しました。 2019年3月13日 
残留応力と疲労寿命の関係を加筆修正しました。 2019年3月5日 
X線応力測定による問題解決を編集しました。 2019年2月20日 
質問と回答を編集しました。 2019年2月20日 
cosα法とsin2ψ法の応力値が違う場合を編集しました。 2019年2月19日 
残留応力と疲労寿命の関係を編集しました。 2019年2月19日 
cosα法とsin2ψ法の応力値が違う場合を改訂しました。 2019年2月6日 
溶接残留応力分布測定を追加しました。 2019年2月4日 
X線応力測定による問題解決を追加しました。 2019年2月4日 
ショットピーニングの残留応力測定 内部応力測定を改訂しました。 2019年2月4日 
大阪大学殿論文に測定データを使っていただきました。 2018年12月26日 
応力分布とバランスを追加しました。 2018年12月19日 
疲労破壊と原因調査を追加しました。 2018年12月19日 
応力分布とバランスを追加しました。 2018年12月19日 
測定の標準化 ご意見を募集中 2018年12月13日 
X線応力測定による問題解決例 疲労キレツ&ピンピーニングを追加しました。 2018年12月5日 
X線応力測定による問題解決例 板変形を追加しました。 2018年12月5日 
東工大での測定しました。 2018年10月25日 
参考文献に熱処理と残留応力を追加しました。 2018年10月18日 
11月2日東工大すずかけ台キャンパスで講演します。 2018年9月26日 
アルミニウムのX線応力測定例を追加しました。 2018年9月21日 
ようこそ X線残留応力測定センターへ 納期をご心配の皆様へに追記しました。 2018年7月3日 
参考文献に田中啓介先生の論文を加えました。 2018年5月2日 
測定精度に加筆しました。 2018年4月24日 
測定精度に加筆しました。 2018年4月24日 
測定依頼ガイドを更新しました。依頼のポイントをまとめてました。 2018年4月18日 
トップページを改編しました。 2018年4月10日 
最近の測定事例よりを更新しました。 2018年2月22日 
9月26日に大阪で講演します。 2017年8月28日 
ご依頼のお客様へ 宅配便は、配達日と午前中指定を 2017年8月9日 
質問と回答に球状黒鉛鋳鉄の応力測定を追加しました。 2017年7月31日 
溶接残留応力分布測定加筆しました。 2017年7月31日 
角部 コーナー部の残留応力測定方法を追加しました。 2017年7月5日 
自動測定を追加しました。 2017年5月19日 
測定の目的に加筆しました。 2017年4月26日 
cosα法とsin2ψ法の応力値が違う場合に空間的な応力勾配が 大きな場合を追加しました。 2017年4月7日 
X線応力測定の原理 加筆修正しました。 ご質問ありがとうございました。 2017年2月28日 
X線応力測定の原理 加筆しました。 2017年1月25日 
なぜ低価格にしたのかに正しい判断のために十分なデータが必要な例を追加しました。 2017年1月13日 
切断方法の違いと残留応力を追加しました。 2017年1月12日 
トップページになぜ主に鋼の測定サービスを提供するのか。を追加しました。 2016年12月27日 
質問と回答になぜ電解研磨が必要か?を追加しました。 2016年12月20日 
質問と回答にピーク高さを追加しました。 2016年12月12日 
X線応力測定の原理リファインしました。 2016年12月7日 
残留応力と疲労寿命の関係に測定例を追加しました。 2016年12月7日 
残留応力測定による品質管理を追加しました。 2016年12月2日 
cosα法とsin2ψ法の応力値が違う場合を編集しました。 2016年12月2日 
トップページにX線残留応力測定センターは、開業2年目を迎えました。を追加しました。 2016年11月29日 
cosα法とsin2ψ法の応力値の違いを改変しました。 2016年11月25日 
X線応力測定の原理を改変しました。 2016年11月21日 
御問合せフォーム回復しました。 2016年11月11日 
大学向けキャンペーン 送料だけで10点測ります 追加しました。 2016年11月11日 
電解研磨の補正式を計算してみました。を追加しました。 2016年11月2日 
質問と回答に研磨焼けは残留応力で検出できますか?を追加しました。 2016年10月31日 
10点測定パック販売中を追加しました。 2016年10月27日 
報告書サンプルに応力分布を測定のお客様に標準グラフの高機能化のお知らせ。を追加しました。 2016年10月26日 
測定対象鋼種 オーステナイト系ステンレス アルミニュウムは事前にテストができる場合のみお受けします。を追加しました。 2016年10月20日 
なぜ低価格にしたのかに溶接部の残留応力測定は、分布を測定することが大切です。を追加しましtら 2016年10月17日 
質問と回答に鋼構造物がどの程度劣化しているのか、補修・交換が必要なのかどうかについて、残留応力で判別ができるのか?を追加しました。 2016年10月7日 
残留応力と疲労寿命の関係に”ではどうすればいいの?”を追加しました。 2016年10月13日 
cosα法とsin2ψ法の応力値の違いを追加しました。 2016年9月21日 
電解研磨装置(特許申請中)を追加しました。 2016年9月5日 
X線応力測定の原理を追加しました。 2016年8月29日 
質問と回答に残留オーステナイト測定はできませんを追加しました。 2016年8月24日 
参考文献に解説を追加しました。古典的名論文他 2016年8月19日 
残留応力と疲労寿命の関係に圧縮側応力でも破壊します。追加しました。 2016年8月1日 
仮想測定例 溶接構造物 SUS304 2016年8月1日 
オーステナイト系ステンレスSUS304 などの測定上の問題点 2016年8月1日 
参考文献を追加しました。 2016年7月5日 
来訪者の検索 キーワードを追加しました。 2016年6月20日 
測定の目的を追加しました。  
会社概要を更新しました。  
トップページに新しいサービスを開始します。を追加しました。  
質問と回答に破壊原因調査としての応力測定を追加しました。  
質問と回答にピーニングや表面加工による深さによる応力分布の測定はどのようにしますか?を追加しました。  
質問と回答に加工と応力変化の問題は解決しましたか?を追加しました。  
使用測定機器に測定に必要なスペースを追加しました。  
質問と回答に構造物の外部応力の測定はできますか?を追加しました。  
ブログに現場指向X線委員会参加を追加しました。  
最新技術情報を追加しました。  
見積例のページ追加しました。  
トップページへ 「非破壊検査協会の現場指向X線残留応力測定法研究委員会に参加」を追加しました。  
質問と回答 Q5変更しました。  
言い値キャンペーンに言い値キャンペーンへの想いを追加しました。  
なぜ価格を下げたのかを追加しました。  
質問と回答に銅は測定できますかを追加しました。  
使用測定機器の紹介を追加しました。  
トップページの一番下にブログもみてくださいを追加しました。  
質問と回答に電解研磨の補正式の引用を加えました。  
飲料缶の溶接部残留応力分布測定を追加しました。  
ブログに残留オーステナイト測定はできません。を追加しました。  
当社のビジネスプランが総務省中小企業庁主催第2回創業スクール選手権で全国ベスト16に入りました。  
測定例と対象に工場での鋼管応力分布測定を追加しました。  
質問と回答に溶接部の疲労破壊は、応力集中と残留応力でおきますを追加しました。  
残留応力と疲労寿命の関係のページを追加しました。  
ブログを更新しました。年末年始も営業します。ご連絡お待ちしております。  
質問と回答に ショットピーニング応力測定を追加しました。  
質問と回答Q9 に熱処理を追加しました。  
創業の目的に当社で十分な対応ができないと判断した場合は、他社をご紹介することもあります。当社なりにお客様に一番いい方法をご提案しますので、遠慮なくお問い合わせください。を追加しました。  
質問と回答にレンタルはできますか? 残念ながらできません。を追加しました。  
機材の紹介ビデオをアップロードしました。  
加工により表面応力が大きく変わる例を示しました。  
ブログに解説を書きました。SUS630  
測定例と対象に鋼管を追加しました。  
測定例にローワーアームと大型構造物を追加しました。  
報告書サンプルに自動車用スプリング追加しました  
130 件表示中
Comments