[0173]測定できない方向の応力を推定する。モールの応用円

円筒形内部の周方向(写真の0°方向)は実際に測定できません。

そこで、モールの応用円で応力場を解析して0方向の応力を推定します。

実際に測定できるのは、−60°及び−120°です。

加工面は、右側がせん断面で左側が破断面になっています。

破断面では、せん断面に比べて圧縮応力が抜けています。せん断面では圧縮応力は抜けていませんが、せん断応力が加わっています。これは現象とよく一致しています。


モール応用円で、測定点からを推定します。

さらに詳しくモールの応用円
[0167]モール応用円による応力解析


Comments