[0143]不同沈下の応力測定

構造物が床面が平坦でない状態で発現することが大きい。
柱の基準面の高さが違い。大きなものになると数百ミリの差が発生している。
その際に、
  • 鋼構造物の破壊に至るのか
  • 建築時に高低差があり破壊の危険はないのか
の判断に応力を使えないかとのご相談がありました。

測定される応力 = A:鋼材の残留応力 +B:構造物の荷重+C:不同沈下で発生する応力

A:鋼材の残留応力 は、鋼材表面および内部に分布があります。
したがってこれらを考慮してうまく測定点を決めて 測定された応力の演算でC:不同沈下で発生する応力
が安全範囲内かどうかを判定する必要があります。

また測定された半価幅は、転位密度の関数で塑性変形での破壊までの余裕を示します。

詳しくはお問い合わせください。


Comments