[0125]コロナウィルス感染期にやるべきこと

将来の準備

応力に関する検討をしたいけれど。

  • 予算がつかない。
  • 予算がいつ令達されるか見通しが立たない。
X線残留応力測定センターはそんな場合に今できる準備 お金のかからない検討を応援します。
  1. 測定可否の検討
  2. 試験体と試験方法の検討

1.測定可否の検討
サンプルを送っていただければ無料(送料のみお客様負担)にて測定可否判定をします。

2.試験体と試験方法の検討
 応力測定のための試験体作成の留意点等ご相談に乗ります。

また当社の測定は、宅配便で運送可能なものであれば対面なしで測定が完了します。


非破壊検査業界の方へ

世界的に不況になりますとまず設備投資が抑えられます。老朽更新予定だった設備の延命が必要になります。
その際には非破壊検査の頻度や項目の追加を提案するチャンスです。傷の検査に加えて検査箇所の応力測定をご提案されてはいかがでしょうか?
まずはご連絡を

応力に関する知識の習得
  1. 問題を解決する際に対象物の3次元の応力分布が予測が必要です。 [基本のキ0035]応力分布とバランス


Comments