[0121]X線残留応力測定センター visual版

  1. Q X線残留応力測定センターは何をしていますか?
    • A 鋼、ステンレス、アルミの応力を測定して報告書を提出します。
  2. Q 特徴はなんですか。
    • 応力測定専業で、低価格と短納期です。
  3. Q







左:無応力 中:圧縮 右:引張



FSWosaka.mov






会社[0001]ようこそ X線残留応力測定センターへ
[0015]会社概要
[0016]ITシステムおよび機材
[0017]ビジネスモデル
[0021]なぜ低価格にしたのか
[0058]創業の目的
[0059]業務と会社の概要
[0060]理念
[0077]約款
[0081]短納期
[0085]News 追加と修正履歴
[0085]低コスト戦略
[0121]X線残留応力測定センター visual版
[0126]講演案内
[0155]ようこそ X線残留応力測定センターへ
[0162]当社は、応力関係問題のホームドクターを目指します。
測定サービス[0018]X線応力測定サービス
[0019]X線応力測定依頼方法
[0020]X線応力測定の自動化
[0022]測定の目的
[0023]ラボ測定 宅配便にて試料を送付いただき当社で測定します。
[0024]現場測定 お客様指定の場所に出張して測定します。
[0025]測定対象鋼種
[0026]測定結果
[0027]使用測定機器
[0028]価格表 測定費用と納期
[0028]見積例
[0039]応力だけでないX線回折環(デバイ‐シェラー環)の情報
[0042]測定要領
[0046]X線の残留応力測定でわかること
[0048]問題解決のための機関選び
[0078]なぜ十分な数のデータが必要なのか。少ないデータでは、誤った結論が出る。
[0080]ご依頼 問合せはこちらから
[0082]10点測定パック販売中
[0083]大学向けX線応力測定キャンペーン
[0084]X線応力測定機器を購入するか測定サービスに依頼するかの検討
[0086]Service in English and Chinese is available
[0087]ご依頼のお客様へ 宅配便は、配達日と午前中指定を
[0088]報告書サンプル
[0123] お試しキャンペーン 現在開催中
[0124]応力測定でわかるのは応力だけじゃない。
[0128]測定デモの申し込み
[0129]アンケート
測定例[0029]ショットピーニング  深さ方向の応力分布測定
[0051 測定例] 応力マッピング residual stress mapping
[0061 測定例 ]切断方法の違いと残留応力
[0062]鉄鋼関連測定手順
[0063]測定例と対象
[0065]丸穴による応力集中の測定例
[0075]ショットピーニング で高い圧縮応力を入れる方法
[0135]最近の測定事例より
[0138]ロールの応力測定 熱延ロール 冷延ロール バックアップロール ワークロール
[0142]溶接部応力測定
[0143]不同沈下の応力測定
[0144]東工大での測定 2018年10月 2019年3月
[0146]oldshotpeening
[0147]論文掲載 当社の測定したデータを使った論文です。
[0150]変形の例 練習問題1
[0151]変形の問題を解決したい方
[0161]内部 深さ方向の応力分布測定
【0052 測定例】溶接部の応力分布測定
【0053 測定例】 角部 コーナー部の応力測定
【0054 測定例】アルミニウムのX線応力測定例 (アルミ Al)
【0055 測定例】飲料缶の溶接部残留応力分布測定
【0056 測定例】加工・研磨による表面応力の変化
【0057 測定例】ピーニングの応力測定 内部応力測定
【0067 測定例 】SUS304 重ね継手溶接部応力測定
【0098 仮想測定例】 溶接構造物 SUS304 (010)
【0121】反ったアルミ板の応力測定
【測定例0055】飲料缶の溶接部応力分布測定
測定例[0020]X線応力測定の測定精度
[0030]X線応力測定の原理
[0030]X線応力測定の原理
[0031]cosα法とsin2ψ法の応力値が違う場合
[0040]参考文献
[0041]質問と回答
[0043]電解研磨
[0044]電解研磨装置
[0045]電解研磨の補正式を計算してみました。
[0061]オーステナイト系ステンレスSUS304 などの測定上の問題点
[0076]技術解説
[0108]半価幅による加工ひずみの評価
[0130]応力測定試験体の作成ガイド
[0131]残留応力測定の基本(工事中)
[0132]残留応力測定による品質管理
[0133]残留応力と温度
[0134]最新技術情報(金沢大学他)
[0139]デバイ環形状と集合組織
[0140]デバイ環形状と結晶粒サイズ
[0153]測定の標準化へのご意見募集
[0159]残留応力の勘所
[0160]半価幅とは
[0163]厚み側面が薄くて応力測定ができない場合は、近い面で代替できるか?
問題解決[0032]残留応力と疲労寿命の関係
[0033 基本のキ]応力の性質
[0034 基本のキ]溶接により発生する応力
[0035 基本のキ]応力分布とバランス
[0036 基本のキ] 止端線に沿って割れるのはなぜ?
[0037 基本のキ]100 度の湯戻し
[0038]疲労破壊と原因調査
[0047]X線応力測定による問題解決
[0049]X線応力測定による問題解決例 板変形
[0050]X線応力測定による問題解決例 疲労キレツ&ピンピーニング
[0079]応力改善に関する参考文献
[0089]X線応力測定の標準化にユーザーは何を期待しているのか
[0090]圧力と応力の違い
[0090]荷重の繰返し回数が1万回以上は高サイクル疲労
[0099]応力による問題解決に仮説推論を使う
[0100]仮説推論
[0116]溶接部き裂防止
[0118]き裂または破壊の問題を解決したい方
[0136]検討中の課題
[0137]金属の応力測定方法の比較
[0141]X線回折以外の応力測定
[0145]選択肢としてのX線応力測定
[0146]問題解決のヒント 変形
[0148]問題を抱えた方に
[0149]目的にあった測定会社を見分けるための質問集
[0152]表面応力を圧縮にするまたは引張応力を緩和する方法
[0154]備忘録
[0156]来訪者の検索 キーワードと解説
[0157]crystaldata
[0158]cosα法方式X線残留応力測定法研究会
[0122] コロナウィルスのまとめ
[0125]コロナウィルス感染期にやるべきこと

Comments